adult entertainment facilities

外国の風俗街を旅してみよう

まだ風俗街に慣れていない時は、それこそ未踏の地を探検する様な気分だった。こんな所にも店があったんだと分かるとプレイした訳でもないのに嬉しくなった物だ。だが、しばらくすると慣れて来てしまう。近所を歩く感覚ではないが、それに近い。この興奮をまた体験するにはどうするべきか、国内の風俗街などどこも似たり寄ったりだろう。だとすれば外国の風俗こそが狙い目ではないか。情報が極めて少ないからこそ楽しめるのではないかと思うのだ。言葉も通じない国でプレイできるか、そして無事帰ってこられるか。あの頃の感覚を久しぶりに感じて興奮するはずだ。ただ、言葉に関しては全く出来ない様では困る。とりあえず日本語と文法が似ているとされる韓国語を覚えてみても良いだろう。近い国で成功体験を積み重ねて自信をつけ、その後、英語等を習得し、アメリカやヨーロッパ他世界各地の風俗街を旅するのだ。どこの国でも風俗街はそれなりに危険だとされる。だから最低限の情報だけは得るようにしよう。幾ら知らない所を歩く楽しみ等と言っても、命を取られては意味が無い。無知な外国人がフラフラとしていたらターゲットになる可能性は高い。カモにならぬよう注意してほしい。

News

2017/09/26
外国の風俗街を旅してみようを更新しました。
2017/09/26
肌が白い事は強みになるを更新しました。
2017/09/26
新規開拓しようと思うもを更新しました。
2017/09/26
たまには奮発して風俗サービスでも!を更新しました。

たまには奮発して風俗サービスでも!

男性である以上、性的欲求は消える事は無いと思います。そして、そうした性的欲求を解消する手段として、一番簡単なのは自慰行為であると思います。エロ雑誌やエロ動画といったものをネタにして一人で頑張るのですが、終わった後に寂しさを感じる事もしばしばあると思います…

MORE


TOP

Copyright © 2017 関西(大阪・京都)の風俗嬢が学ぶべきコミュニケーション術 All Rights Reserved.